FXは、事前に入金した証拠金の数十倍の金額のトレード

FXは、事前に入金した証拠金の数十倍の金額のトレードが出来るレバレッジというメカニズムがあります。
レバレッジを用いれば大きな収益を得られますが、反対に失敗したケースでは莫大な損失が出るケースがあり、これが短所だと言えます。
損失が預けている証拠金を超過した場合、不足した金額を追加で支払うことが必要です。FXによる取引をする時、業者が用意しているツールを使うことで移動平均線が絶対といっていいほど見れるようになっているのです。
最も単純でトレンドの把握には、大事なテクニカルツールです。慣れてくることにより、一目均衡表などを利用することもありますが、移動平均線が基本的には誰もが見ている重大なツールです。
FXの主流は、短期の取引です。
一般的には、デイトレといいます。デイトレの「デイ」とは、日本時間で指す0時から24時ではなく、ニューヨーク時間になるのです。要するに、世界における金融は、ニューヨークを中心として回っているというわけなのです。短期トレードは価格が急変する危険度が低めになりますが、その分、大きい利益も得にくくなります。FXでは、差金決済でその日に何度でも取引できることを利用してスキャルピングというトレード手法を使うことが可能です。
この取引手法では、一度の取引の利益は少なめですが、トレード回数を増やして少量の利益を積み重ねていくのが普通です。
利益確定や損切のpipsも最初から決めておきます。
FXで使用されるテクニカル指標として多数の方に使用されているのがボリンジャーバンドと呼ばれている指標です。
視覚的に、トレンドの規模とトレンドの方向が理解しやすく、トレンドが現れたらエクスパンション(バンド拡大)が出現するので、トレンドフォローのトレードに向いています。
さらに、バンドの収れんはトレンド終了の兆候として使用することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>