FXの取引スタイルは、多種多様です。スワップ派投資家も多

FXの取引スタイルは、多種多様です。
スワップ派投資家も多いです。
スワップ派は短期での売り買いはしないで、数ヶ月以上、長い場合は数年のポジションを保持します。
これぐらいの長期に渡りポジションを維持すれば、高い金利通貨の場合、スワップでけっこう儲けが出るでしょう。FXの経験が浅い人が注意すべきことはレバレッジの調整です。相場の動きが予測とずれてきているにもかかわらず、適当な気持ちでナンピンすると、気付いた時には高レバレッジの状態になり、証拠金維持率などの状況を注意しておかないと強制的に決済されてしまいます。ロスカットさせられることになれば、大きな損失を受けることがほとんどです。FXにて米ドル円やユーロ円など決済通貨が円の通貨ペアを買った後に円安になると利益となります。円安に向けば向くほど利益が増えますが、逆に円高方向に行ってしまうと含み損となってしまいます。
ポジション取りのタイミングがかなり重要です。
企業に勤めている人の場合、FXで一年間に利益が20万以上出たら税金の申告手続きが必要です。確定申告をしなかった場合、追加で税金が課せられるため、適切に申告をしておくべきです。
また、取引で損失が出た場合にも税務署に、税金の申告をしておくことで、3年間まで損失額を繰り越し、利益が発生した場合には相殺できます。FXは、予め口座に入金した証拠金の数十倍の金額のトレードが出来るレバレッジと呼ばれているメカニズムがあります。
レバレッジを働かせれば大きな収益を得ることも可能ですが、反対に失敗した時は莫大な損失が出る場合があり、この点が短所だと言えます。損失が預けている証拠金を超えてしまった場合、さらに不足した金額が請求されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>